お風呂場でのヒートショック現象に注意

[記事公開日]2023/11/29

[最終更新日]2024/01/08

病院へ行く?救急車を呼ぶ?
病状などで迷ったら「すぐに病院に行った方がよいか」や「救急車を呼ぶべきか」
悩んだりためらう時に電話で相談できる♯7119へ電話
医師・看護師等の専門家に電話で相談できます。

厚生労働省|大人の症状は♯7119
https://kakarikata.mhlw.go.jp/kakaritsuke/7119.html

2023年12月
スマホで顔撮影→体調判明 新技術公開 集中度合いや眠気も測定
https://news.yahoo.co.jp/articles/387be9a5dfb5e79cb1ff969e8155e61922b47d44

2023年12月
東大病院の研修医2人、病気装って糖尿病薬を入手 「やせ薬」と話題
https://news.yahoo.co.jp/articles/43bb695fdf4eacbf6fb84857916d385c6cc514dd

 


 

病院なび
https://byoinnavi.jp

病院の評判やランキングも!- 病院口コミ検索サイト
病院口コミ、病院検索、病院ランキングならCaloo(カルー)
https://caloo.jp

全国の医療機関が探せる受付予約・検索・口コミサイト | EPARKクリニック・病院
https://fdoc.jp

MyClinic(マイクリニック)
https://www.myclinic.ne.jp

病院クチコミナビ – m3.com CAREER
https://career.m3.com/kuchikominavi/

医療総合サイトQLife(キューライフ)
https://www.qlife.jp

 


 

オンライン診療・お薬の通販、med.(メッド)



オンライン診療・お薬の通販【med.】(メッド)



オンライン診療・お薬の通販【med.】(メッド)

 


 

急変時対応 介護スタッフのための医療の教科書 単行本(ソフトカバー) – 2023/12/25
介護と医療研究会 (著), 川邉 正和 (監修), 川邉 綾香 (監修)

50歳からは、「これ」しかやらない 1万人に聞いてわかった「会社人生」の上手な終わらせ方 単行本(ソフトカバー) – 2021/6/19
大塚 寿 (著)

「50代はもっと自分勝手でいい」「会社に尽くすな。会社を利用せよ」
「1万人のビジネスパーソンの話を聞いた男」が導き出した、50代を後悔しないための「時間の使い方」とは

 


 

寒暖差が脳梗塞を引き起こす事があるため、厳しい寒さが続く今の時期はより注意が必要。
2023年12月
「なすなかにし」の那須さんも…寒さ続くこの時期「脳梗塞」に要注意 予防法は?専門家に聞いた
https://news.yahoo.co.jp/articles/900aad61c73500d22a7b053d452c5565bff10d8e

家でもお風呂などで注意…急激な温度変化で身体にダメージ『ヒートショック』約1万7千人が関連死との推計も
https://news.yahoo.co.jp/articles/626830ad2d77bc6e12779e46629fa0b488bdc2a3

2023年11月
西川史子、脳出血再発で入院生活 SNSの更新ストップ、順調に回復もリハビリ続ける
https://news.yahoo.co.jp/articles/d92c9cde6aaefb348668457ebb8018934a7e93ed

ヒートショックとは「急激な温度の変化で身体がダメージを受けること」です。

お風呂場でのヒートショック現象に注意

ヒートショック現象に注意

ヒートショックとは
https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/heatshock/

SNSで話題です。
思わぬ事件や事故、ケガや病に見舞われたとき
24時間365日、どんなときも応答してくれる緊急通報の指令室にカメラが密着!
エマージェンシーコール 〜緊急通報指令室〜 – NHK
https://www.nhk.jp/p/emergencycall/ts/M67V8QZ8LQ/

 


 

ヒートショックとは「急激な温度の変化で身体がダメージを受けること」です。

暖かい場所から冷たい浴室、脱衣室(トイレ)など、
温度差の大きい場所に移動すると、
血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こします。

急激な温度変化で身体(脳)がダメージにさらされて危険です。

TIA(一過性脳虚血発作)
気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。
この血圧の乱高下に伴って、
脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気などが起こります。

自分は、お風呂は、スポーツジムのお風呂を利用してますが、
ジムの浴槽とシャワー室は別々です。

お風呂場、暖かいですが、シャワー室は寒いです。

先日、気温が寒かったので、
ジムのお風呂で、いつもより長く湯船につかり
いつものように、シャワー室へ行くと、
急激な温度の変化のためか、
頭が、ぼーっとして、身体に力が入らなくなる。
なにこれ?。
これは、まずいと思い、シャワーで冷水に切り替えたら、なんとか元に戻ったが、
その翌日から大変なことになった。

普通に朝起きると、体が、痺れていて、足に力が入らない状態に。
これはまずい、仕事にも行けない。

昨夜の「急激な温度の変化」で、頭が、ぼーっとしたからなのか。

しばらくすると、なんとか歩けるようになったので、地元の病院へ行き

CTで、脳を調べてもらうが、
CTだと、全部はわからないので、
至急、MRI検査が出来る病院に行って「MRI」を受けてください、と言われました。

MRI検査とCT検査の違い
主に脳の病気を調べる際に「MRI」などします。
料金は撮影する体の部位によって異なります。
MRI検査は、磁気と電波を用いた検査装置

CT検査は、X線を用いて体の断層写真を撮影する検査方法です。
「Computed(コンピューター利用)Tomography(断層撮影)

MRI検査だと、全て調べられるので、受けた方がいいです。

自分は、薬で完治しました。

おすすめ