2017年4月25日発売 Sound & Recording Magazine TM NETWORK 「Get Wild」の記憶と記録

[記事公開日]2017/04/22

[最終更新日]2021/06/20

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌] 雑誌 – 2017/4/25
サウンド&レコーディング・マガジン編集部

2018年に、小室哲哉さんが「引退」を宣言しました。
2020年7月
小室哲哉さんが復帰するそうです。
乃木坂46の新曲「Route 246」音楽プロデューサーで。

自分は、中学生の頃に、
TM NETWORKを知り、
小室哲哉さんの昔の曲とかは好きで、よく聴いてた。

最近のは聴いてないです。

なんで?。
小室哲哉さんが、乃木坂46の音楽プロデューサーに?。

秋元康さんからオファーがあって、悩みに悩んで、
今回、木坂46、新曲「Route 246」で、作曲・編曲をしたそうです。

7月16日の日刊スポーツが、音楽プロデューサーの小室哲哉氏が音楽業に復帰することを報じた。
Twitterトレンド席巻!小室哲哉、乃木坂46新曲で音楽業に復帰「今回悩みに悩んで…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/363f2fd8e5e4ee128242f42b8d36962446964cb3

サウンド&レコーディング・マガジン 2017年6月号 Kindle版
TM NETWORKのシングル『Get Wild』30年の記録と記憶

形式: Kindle版

 


 

作りながら覚える 3日で作曲入門 (日本語) 単行本 – 2016/3/18
monaca:factory (著), 10日P (著)

付録CD-ROM コンテンツ(サンプル音源 MP3×88音源)
今では、サンプル音源も視聴できるようになったみたいです。
※ダウンロードする場合:約70MBあります
https://www.ymm.co.jp/feature/3days_compose.php

 


 

TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc)

TM NETWORKデビュー35周年を記念した10枚組Blu-ray BOX。デビューから10年間にエピックレーベルより発売されたライヴ映像作品と初商品化ボーナスディスク2枚で構成される全10枚組。

TM NETWORKのデビュー35周年を記念
1984年のデビューから1994年の「TMN終了」宣言までの映像作品をまとめたBD。

【メーカー特典あり】TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc)(特製ポストカード・セット付)

 


 

TETSUYA KOMURO ARCHIVES K SELECTION
Various Artists

TETSUYA KOMURO ARCHIVES T SELECTION
Various Artists

 


 

ココロ銀河 —革命の星座— (日本語) 単行本 – 2020/4/20
渡辺 美里 (著)

Tetsuya Komuro Interviews

1984年、TM NETWORKデビュー。
その後現在に至るまで、小室哲哉 氏は数多くの名曲を生み出している。
そしてキーボード・マガジンには、そのときどきに小室が何を閃き、考え、どのように音楽を作ってきたかが、本人の言葉によって記録されてきた。それらのインタビューは電子書籍『Tetsuya KomuroInterviews Vol.1〜4』として発売。
さらにキーボード・マガジンの姉妹誌・キーボード・ランドに掲載された記事は、『Tetsuya Komuro Interviews Vol.0』としてまとめられた。

本書は、その5冊の電子書籍に新規インタビューを加えたコンプリート版。1984年から2014年までの30年分というインタビューのほか、当時の使用楽器/機材のレポートやライブ・レポートなどの貴重な資料を収録。ミュージシャン小室哲哉の音楽ヒストリーをじっくりと辿ることのできる充実の1冊となっている。

※本書はプリント・オン・デマンド(POD)商品のため、本文はモノクロ印刷となっております。
※80〜90年代の一部の写真や図等は、掲載当時の誌面からそのまま流用しており、一部不鮮明なものがございますことをご了承ください。

小室哲哉インタビューズ Tetsuya Komuro Interviews Complete from 1984 to 2014 オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/7/26

Tetsuya Komuro Interviews Vol.0~The beginning of TM NETWORK 小室哲哉インタビュー集 Kindle版
小室 哲哉 (著)

Tetsuya Komuro Interviews Vol.1 (1980s) Kindle版
小室 哲哉 (著),‎ キーボード・マガジン編集部 (編集)

Tetsuya Komuro Interviews Vol.2 (1990s) Kindle版
小室 哲哉 (著),‎ キーボード・マガジン編集部 (編集)

Tetsuya Komuro Interviews Vol.3 (from 2000 to 2005) Kindle版
小室 哲哉 (著)

Tetsuya Komuro Interviews Vol.4 (from 2006 to 2013) Kindle版
小室 哲哉 (著)

 


 

小室哲哉インタビューズ Tetsuya Komuro Interviews Complete from 1984 to 2014 オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/7/26
小室 哲哉 (著), キーボード・マガジン編集部 (編集)


 


 

2018/06/27
価格¥4,860
〈タワレコ限定販売〉小室哲哉、1984年からのインタビューをまとめた『小室哲哉インタビューズ Tetsuya Komuro Interviews Complete Edition 2018<タワーレコード限定>』
小室哲哉、30年以上の言葉を辿る完全版!

1984年のTM NETWORKデビュー以降、雑誌「キーボード・マガジン」には、そのときどきの小室哲哉の言葉が記録されてきた。
それらのインタビューは電子書籍『Tetsuya KomuroInterviews Vol.1〜4』として発売。さらにキーボード・マガジンの姉妹誌・キーボード・ランドに掲載された記事は、『Tetsuya Komuro Interviews Vol.0』としてまとめられた。その5冊の電子書籍をまとめたPOD(プリント・オン・デマンド)書籍『小室哲哉インタビューズ Tetsuya Komuro Interviews Complete from 1984 to 2014』が、2018年版としてタワーレコード限定販売決定。

2014年以降の新規インタビューが追加されたほか、モノクロだった紙面をカラー化。
当時の使用楽器/機材のレポートやライブ・レポートなどの貴重な資料も収録した、ミュージシャン小室哲哉の音楽ヒストリー、言葉をじっくりと辿ることのできる完全版!


〈タワレコ限定販売〉小室哲哉、1984年からのインタビューをまとめた『小室哲哉インタビューズ Tetsuya Komuro Interviews Complete Edition 2018<タワーレコード限定>』 小室哲哉、30年以上の言葉を辿る完全版!

 


 

始めるノートメソッド (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/5/28
西寺 郷太 (著)

伝わるノートマジック (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/7/30
西寺 郷太 (著)

新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書 (文庫) (日本語) 文庫 – 2012/5/28
西寺郷太 (著)

 


 

また小室哲哉さんが「引退」を宣言しました。

今回の「週刊文春」のスクープで、“引退宣言”にまで発展。

「週刊文春」の記者は、まさかこんなことになるなんてとも言ってたとか。

いろんな意見が言われていますが。
スクープした人は誰なのか?名前を出せ、顔を出せ。
匿名なの?など。

芸能人や有名人だと、スクープなどされて当然などと言ってる関係者もいます。

芸能人のスクープで過去にもいろんな方などトラブルにもなっています。

スクープして、それで商売してるから。

小室哲哉さん は、前から引退の期限は考えていたと、記者会見で言ってました。

また、いつか、活動するのかわかりませんが、
また1つの時代が終わるかもです。

小室哲哉さんはTwitterのアカウントを削除し、また再開しましたが、すぐに削除してます。

そして、今回の小室哲哉さんの会見では、奥さん側が、なに言ってるの?などと言ってて、何が真相なのかわかりません。

小室哲哉さんは、昔からアイドルとか好きなのは有名です。

生まれ持った、基本的な性格って、変わりません。

いつか、活動するのか知れませんが。

Asa-Jo
「週刊文春」のスクープにより、“引退宣言”にまで発展した小室哲哉の不貞騒動。
「引退」小室哲哉さんに向けたYOSHIKIのメッセージに感動の嵐
https://asajo.jp/excerpt/45501

1月24日に
YOSHIKIさんは、Twitterに投稿
誰だって“もう辞めたい”って思う時はあるよね。と。

小室哲哉さんの活動してた時期って、
年代とかでファン層とか違いますが。

自分は、80年代の小室サウンドが好きでした。

若い子だと90年代とかに、よく聞いてて懐かしいなど思ってる方もいると思います。

また、小室哲哉さんを知らない世代の子などもいると思います。

鈴木亜美さんが、歌ってたBE TOGETHERって曲。

えっ?カバーだったのと知らない子もいる時代です。

自分はBE TOGETHER(TM NETWORK)は中学時代に聞いてた。
ベースも生演奏で、今までのサウンドから違って、変化してたTM NETWORK

BE TOGETHER
TM NETWORK
J-Pop • 1987

TM NETWORK — humansystem

BE TOGETHER(new ver.)
鈴木亜美

曲(歌詞やメロディ)とかも大事だけど、
自分は、あの時(80年代)の、あのサウンド(音)が、やっぱり、今でも好みです。

良く聴いていた楽器の音って、体に染み込んでいます。

音楽の趣味って、ファッションとかで同じで、
自分の好きなのを(アーティストやアイドル)聴いてる人は多いです。

音楽を仕事にしてるなら、いろんなジャンルの音楽を聴かないといけないかもですが。

最近の、流行りの音楽とか、曲、歌とか、
やっぱり、今のは好きになれない歌や曲が多いです。

でも、今聞いてる子たちって、子供や学生時代に、そのサウンドなど聞いてた子だと思うし、それが体に馴染んでいるというか、好きなんだと思うし。
好みは、なかなか変わらないかも。

 


 

Digitalian is eating breakfast
小室 哲哉

SEVEN DAYS WAR
小室 哲哉

TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS
小室 哲哉

 


 

2017年4月25日発売

Sound & Recording Magazine

6月号は
TM NETWORKのシングル
『Get Wild』のリリース30周年を記念して

TM NETWORKの特集号みたいです。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌] 雑誌 – 2017/4/25
サウンド&レコーディング・マガジン編集部 (編集)

楽天Kobo電子書籍ストア
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年6月号 [電子書籍版]


 


 

TM NETWORKの代表曲でもある『Get Wild』
1987年4月8日にリリースされ、アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマとしても有名です。

『Get Wild』と言う、英単語はなく、創作英語みたいです。

TM NETWORKを、知ってる人、知らない人、いろいろいると思います。

TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)は、
1984年4月21日にデビュー
小室哲哉さん(シンセサイザー・キーボード)、
宇都宮隆さん(ボーカル)、
木根尚登さん(リズムギター・ピアノ)の3人で構成される日本の音楽バンドである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/TM_NETWORK

自分がTM NETWORKを知ったのは、中学生の頃で、
TBSのザ・ベストテンのテレビの歌番組を見てて、
TM NETWORKを初めて知りました。

世代で、小室哲哉さんが、どんなアーティストやアイドルに曲を書いていたとか知らない子もいます。

TBS製作の音楽番組。
『ザ・ベストテン』(英称:The Best Ten)は、
1978年1月19日から1989年9月28日までTBS系列局で、毎週木曜日の21:00-21:54 (JST) に生放送されていたTBS製作の音楽番組。全603回放送。

ザ・ベストテン
https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・ベストテン

ザ・ベストテンでTM NETWORKが初登場の時は曲は、Self Controlを披露。
Self Control (方舟に曳かれて)
TM NETWORK

キーボードの鍵盤を押すと、サンプリングされた、
木根さんの音声でSelf Controlと発して
めちゃ、かっこいいと思い。自分は当時(中学生)すぐにTMのファンになりました。

Self Control
TM NETWORK
J-Pop • 1987

 


 

Self Control
TM NETWORK

後に、ファンクラブにも入会。
TMは、めちゃ聴いたし、自分の青春時代でした。
高校時代には、真似てDXのキーボードを買ったりして。

ヤマハ・DXシリーズ
DXシリーズ(ディーエックス・シリーズ)はヤマハのFM音源を採用したシンセサイザーの型番・商品名。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマハ・DXシリーズ

 


 

人によっては、アーティストなどが歌ってる、歌詞とか曲は誰が書いてるの?とか、全く気にならない人もいます。

小室 みつ子さんが作詞なの?
作曲が、小室哲哉さん。
えっ?姉弟で音楽活動なの?と思うかもしれないけど、知ってる方は多いと思いますが、
姉弟ではなく違います。

小室 みつ子(こむろ みつこ、本名(旧姓):小室 光子、1957年12月29日 – ) は、シンガーソングライター、作詞家、作家である。女性。
https://ja.wikipedia.org/wiki/小室みつ子

 


 

小室哲哉さんは、いろんなアイドルに曲なども提供しています。
あげたらきりがないですが。

小室哲哉さん
提供楽曲一覧では、音楽家・音楽プロデューサーである小室哲哉が、アーティストに作詞・作曲・編曲・プロデュースした楽曲の一覧です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/小室哲哉提供楽曲一覧

「JINGI・愛してもらいます」は、中山美穂の6枚目のシングル。
1986年7月15日にキングレコードからリリースされた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/JINGI・愛してもらいます

JINGI・愛してもらいます
中山美穂
1.JINGI・愛してもらいます
作詞 – 松本隆 / 作曲 – 小室哲哉 / 編曲 – 大村雅朗

COLLECTION Ⅰ
中山美穂

シングルレコード(7インチレコード)だとB面が
角松敏生さんが、作詞・作曲・編曲です。
あの頃は、いい時代でした。

Rising Love
中山美穂
2.Rising Love
作詞・作曲・編曲 / 角松敏生 

50/50
中山美穂
作詞: 田口俊、作曲: 小室哲哉、編曲: 船山基紀

中山美穂
50/50
歌謡曲 • 1987

Linne Magic
中山美穂
歌謡曲 • 1987

Good Morning-Call
小泉今日子
歌謡曲 • 1988

Sweet Planet
岡田有希子
歌謡曲 • 1985
作詞:三浦徳子 作曲:小室哲哉 編曲:松任谷正隆

Sweet Planet
岡田有希子

 


 

星屑のイノセンス/伊藤かずえ
作詞:麻生圭子、作曲:小室哲哉、編曲:清水信之

星屑のイノセンス (MEG-CD)
KAZUE ITOH (アーティスト) 形式: CD

 


 

You are my idol 80’s

星屑のイノセンス/伊藤かずえ
作詞:麻生圭子、作曲:小室哲哉、編曲:清水信之

 


 

MEG-CDは、
廃盤・製造中止になったレコードやCDなど。
ジャケット写真、歌詞掲載などを、
当時のデザインをできる限り忠実に再現し、
CDパッケージとして復刻する商品です。

MEG-CDとして復刻されたカタログの中から、ご希望の商品を、お選びいただき、
お客様の、ご注文によりオンデマンドで製造し、お届けいたします。



MEG-CDとは 廃盤・製造中止になったレコードやCDを、ジャケット写真、歌詞掲載など 当時のデザインをできる限り忠実に再現し、CDパッケージとして復刻する商品です。

 


 

「My Revolution」(マイ・レヴォリューション)は、1986年(昭和61年)1月22日に発売された渡辺美里の4枚目のシングルである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/My_Revolution

7インチレコードで
A面
My Revolution
作詞 – 川村真澄、作曲 – 小室哲哉

B面
みつめていたい (Restin’ In Your Room)
作詞 – 渡辺美里、作曲 – 岡村靖幸

よかった時代。

My Revolution – Single
渡辺 美里

 


 

DATE
岡村 靖幸

靖幸
岡村 靖幸

早熟
岡村 靖幸

家庭教師
岡村 靖幸

yellow
岡村 靖幸

エチケット(ピンクジャケット)
岡村靖幸

エチケット(パープルジャケット)
岡村靖幸

 


 

TM NETWORKの曲を好きで、聴いてた人は多いと思います。

またGET WILDのバージョン違いというか、
GET WILD’89とかがシングルで発売された時は新鮮でした。

海外の有名な方に、GET WILDを別アレンジでして発売、当時は画期的だったかも。
人によっては、そのバージョン違いのGET WILDは好みが、別れるかもです。

80年代の洋楽とかヒットチャートで、ユーロビート系のサウンドが流行ってました。
チャート荒らしというか、有名なヒット曲を書いてる
ストック・エイトキン・ウォーターマン。
自分は、高校時代に知ったけど、最初は誰、それ?って思いました。

ストック・エイトキン・ウォーターマン(Stock Aitken Waterman)
(頭文字を取ってSAWとも呼ばれる)は、イギリスの音楽プロデューサーチーム。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ストック・エイトキン・ウォーターマン

 


 

プロデューサー: Stock, Aitken and Waterman

Stock Aitken & Waterman: Gold

 


 

The Greatest Hits Collection (Collector Edition)
バナナラマ

 


 

Bananarama
I Heard A Rumour (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

 


 

Nothing’s Gonna Stop Me Now
Samantha Fox

Samantha Fox
Nothing’s Gonna Stop Me Now

 


 

Bananarama
Love In The First Degree

 


 

Bananarama
I Want You Back (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

 


 

Rick Astley
Never Gonna Give You Up

 


 

Youthquake
デッド・オア・アライヴ
1985

 


 

Mad, Bad and Dangerous to Know
デッド・オア・アライヴ

 


 

Nude
デッド・オア・アライヴ
ダンス • 1989

 


 

Rip It Up
デッド・オア・アライヴ

 


 

I Should Be So Lucky
カイリー・ミノーグ
ポップ1987

Kylie Minogue: Greatest Hits

Kylie Minogue
I Should Be So Lucky

 


 

Stock Aitken & WatermanのSAWは
レコード会社経営(PWL Records)
ピート・ハモンド(Pete Hammond)、デイヴ・フォード(Dave Ford)、フィル・ハーディング(Phil Harding)&イアン・カーノウ(Ian Curnow)などのPWL所属の優秀なミックスマスター・レコーディング・エンジニアによってSAWサウンドが支えられてます。

その方や、他のプロデューサーが
TM NETWORKの曲をリミックスしたアルバム(シングル)が昔は、発売されたりしました。

 


 

DRESS
TM NETWORK

 


 

DRESS
TM NETWORK

 


 

GET WILD 2017 TK REMIX
小室哲哉

 


 

今月、発売された
TM NETWORKの『Get Wild』だけを、収録したアルバム。

GET WILD SONG MAFIA
TM NETWORK

このアルバムは、スタッフが規格したアルバムみたいです。
『Get Wild』しか入ってないアルバム。

『GET WILD』が2017年で30周年を迎えるみたいです。

『GET WILD』のさまざまなバージョン
幅広いジャンルのアーティストによるカヴァー、リミックスも集めたCDです。
30周年盤作品。

また、石野卓球(電気グルーヴ)がリミックスで参加決定!

今なお愛され、進化し続ける「Get Wild」をまとめた記念すべきアルバム。

GET WILD 30th Anniversary Collection – avex Edition
TM NETWORK

レーベル: avex trax
収録時間: 261 分
GET WILD SONG MAFIA
TM NETWORK

 


 

それに、ちなんでか、今月号のSound & Recording Magazineは

TM NETWORK「Get Wild」の記憶と記録
85ページ総力特集みたいです。
凄いかもです。

自分は、昔のTMサウンド(音)が好きなので(TM NETWORK)
レコード会社の移籍後の作品とか、
最近のTMの作品とかは、あんまり聴いてないです。
音が好きではないので。

TM NETWORK Official
http://avex.jp/tm/

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌] 雑誌 – 2017/4/25
サウンド&レコーディング・マガジン編集部 (編集)

 


 

ニッポンの編曲家 歌謡曲/ニューミュージック時代を支えたアレンジャーたち 単行本 – 2016/3/4

70年代から80年代、都内のレコーディング・スタジオは活気に満ち溢れ、
数々の名曲と名演が生まれ続けていた――。

 


 

編曲の本 楽譜 – 2002/12/10

編著:日本作編曲家協会 (著)

プロはどのように音楽を作っているのか?
日本を代表する作曲家たちのテクニックを学ぶ

一般音楽愛好家の方から編曲のプロを目指す人まで、プロが編曲という作業を通じ、音楽の仕組みや、音楽を作りあげてゆく過程を書いた、本格的な編曲のノウハウがわかる本。
日本作編曲家協会(会長服部克久)所属の日本を代表する作編曲家達が、作品を例に具体的な編曲内容を解説。
実際の仕事を通じて得たノウハウやテクニックを披露する。

 


 

作曲の基礎技法 単行本 – 1998/12/10
アルノルト・シェーンベルク (著),‎ 山県 茂太郎 (翻訳),‎

 


 

すべては歌のために ポップスの名手が語る22曲のプロデュース&アレンジ・ワーク 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/23
武部 聡志 (著)

 


 
僕の音楽キャリア全部話します: 1971/Takuro Yoshida―2016/Yumi Matsutoya 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/31
松任谷 正隆 (著)

 


 

BRUTUS(ブルータス) 2018年2/15号No.863[山下達郎のBrutus Songbook] 雑誌 – 2018/2/1

内容紹介
日曜14時は、
TOKYO FM系列『山下達郎のサンデー・ソングブック』。

25周年を迎えたこの最高のラジオプログラムと手を組んで、
数百回に及ぶ放送テーマを厳選、番組を再構成した音楽特集を作ります。

達郎さんの語りで楽しく深い、音楽の入り口を。

特別ライブの模様や、番組スタッフと超常連さんと作った
「サンソン・ファンブック」も!

目次
山下達郎のBrutus Songbook
最高の音楽との出会い方

 


 

作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997 単行本 – 2017/7/7
梶田昌史 (著),‎ 田渕浩久 (著)

内容紹介
作編曲家として駆け抜けた46年の生涯とその功績を、
生前関わりのあった著名人たちの証言とともに紐解く。

 


 

2017年4月25日発売 Sound & Recording Magazine TM NETWORK 「Get Wild」 の記憶と記録

2017年 6月号
(袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付)
付録は、袋とじになってます。
Sound & Recording Magazine
(サウンド アンド レコーディング マガジン)

特別定価 1000円(本体926円+税)

プレミアムな価格で販売してる店もあります。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌] 雑誌 – 2017/4/25
サウンド&レコーディング・マガジン編集部 (編集)

 


 

Sound Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌]

85ページ総力特集
TM NETWORK「Get Wild」の記憶と記録

TM NETWORKのシングル『Get Wild』のリリース30周年を記念して、オリジナルからライブ・テイク、リミックス、カバーまで36バージョンをCD×4枚組に収めた『Get Wild Song Mafia』がこの4月にリリース。
1曲のバージョン違いをこれだけのボリュームで収めたコンピレーションは前代未聞と言えるだろう。もともとの人気曲であったことはもちろんだが、1994年のTM“終了”まで、そして1999年の再始動後もステージで演奏され続け、ライブでアップデートされたアレンジを元に新しいバージョンが次々と生まれ続けている。この特集では1987年のオリジナル「Get Wild」や特に人気の高い1989年のリミックス「Get Wild ’89」、ライブでのアレンジや最新リミックスなど、さまざまなバージョンの背景を関係者の証言によって解剖。「Get Wild」が支持され続けてきた理由や、1980年代から現在に至る音楽制作現場の変遷、現在のJポップに今なお与えている影響などについて、多角的に検証していきたい。

Introduction~「Get Wild」ヒストリー

TM NETWORK インタビュー
小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登

『GET WILD SONG MAFIA』
mito × 佐藤純之介 36バージョンを聴き倒す!
岩佐俊秀(サウンド・エンジニア)インタビュー
TK Live Setup(歴代ライブ機材図鑑)
最新リミックス・インタビュー:デイヴ・ロジャース/SICK INDIVIDUALS

関係者が語るオリジナル「Get Wild」
再録! 小室哲哉が語った「Get Wild」
伊東俊郎(エンジニア)
小室みつ子(作詞家)
石川鉄男(シンセ・プログラマー)
山木秀夫(ドラマー)
窪田晴男(ギタリスト)
諏訪道彦(アニメ『シティーハンター』プロデューサー)
山口三平(EPIC・ソニー ディレクター)
立岡正樹&石坂健一郎(マネージャー)

リミキサーが明かす「Get Wild ’89」の裏側
ピート・ハモンド(リミキサー)
コーディネーター・インタビュー:大竹健

「Get Wild」をステージで奏でてきた男たち
浅倉大介/松本孝弘/北島健二/西村麻聡/山田わたる/葛城哲哉/松尾和博/阿部薫/そうる透/鈴木俊彦/Ruy
PAエンジニア・インタビュー:志村明

SPECIAL INTERVIEW
日向大介
バーニー・グランドマン

僕らの「Get Wild」アンケート
伊藤賢治/m.c.A・T/H ZETT M/緒方恵美/kiyo(Janne Da Arc)/鈴木“Daichi”秀行/超新星/DÉ DÉ MOUSE/土橋安騎夫/七尾旅人/NAOTO/nishi-ken/Purple Days/日村勇紀(バナナマン)/ヒャダイン/REMO-CON

袋とじ:オリジナル「Get Wild」使用音色解説

 


 

Get Wild – EP
TM NETWORK
J-Pop • 2017

Get Wild
TM NETWORK

TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999

 


 

GET WILD 2017 TK REMIX
小室 哲哉

Get Wild(完全生産限定盤) [Analog] 限定版
TM NETWORK 形式: LP Record

 


 

TM NETWORK/TMN BEST TRACKS ~A message to the next generation~
TM NETWORK

TM NETWORK THE SINGLES 2
TM NETWORK
• 2009

TM NETWORK THE SINGLES 1
TM NETWORK
J-Pop •

 


 

TWINKLE NIGHT – EP
TM NETWORK

TWINKLE NIGHT (完全生産限定盤) 限定版
TM NETWORK

TWINKLE NIGHT
TM NETWORK

 


 

TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999
TM NETWORK

DRESS2
TM NETWORK
J-Pop • 2014

 


 

RAINBOW RAINBOW
TM NETWORK
J-Pop • 1984

RAINBOW RAINBOW
TM NETWORK

RAINBOW RAINBOW
TM NETWORK

 


 

Self Control
TM NETWORK
J-Pop • 1987

 


 

CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-
TM NETWORK
J-Pop • 1988

CAROL A DAY IN A GIRL’S LIFE CD
TM NETWORK

CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-
TM NETWORK

 


 

CHILDHOOD’S END
TM NETWORK
J-Pop • 1985

CHILDHOOD’S END
TM NETWORK

CHILDHOOD’S END
TM NETWORK

 


 

GORILLA
TM NETWORK
J-Pop • 1986

GORILLA
TM NETWORK

GORILLA
TM NETWORK

 


 

humansystem
TM NETWORK
J-Pop • 1987

humansystem
TM NETWORK

humansystem
TM NETWORK

 


 

TM Network ソングス

TM NETWORK WORLD HERITAGE~DOUBLE DECADE COMPLETE BOX~ 限定版
TM NETWORK

Welcome to the FANKS!
TM NETWORK

Welcome to the FANKS!
TM NETWORK

LINEで送る
Pocket

おすすめ