Amazon.co.jpの2段階認証について

[記事公開日]2019/09/20

[最終更新日]2021/10/31

Amazon(Amazon.co.jp)
楽天市場
Yahoo!ショッピングなど、いろいろインターネットショッピングサイトがあります。
最近では、フィッシング詐欺メールなどが増えています。

Amazon.co.jpの2段階認証について

Amazonのカスタマーセンターから自分宛てに電話をかけてくれる仕方。

2021年10月
クレジットカード不正決済 個人情報悪用の実態を追う
https://www3.nhk.or.jp/news/special/sci_cul/2021/10/special/story_1022/

 


 





Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ショッピングなどする時に
インターネットショッピングのサービスを利用してる人は多いです。

セキュリティ向上の2段階認証のシステムは、いろいろな会社でも取り入れてます。
フィッシング詐欺が急増してます。

Amazon.co.jp(Amazon)不審なメールについて

「.org」ドメインに注意「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」SMSに気をつけて

詐欺メールです。「残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。」

Amazonや楽天市場などを装ってのフィッシングメールは、海外や、中国などから送信されてます。

Amazon.co.jp(Amazon)公式の本物サイトから、コンテンツを取得して、転送してるらしいです。

キャリアメール(au、ドコモ、ソフトバンク)を使っていて、
フィッシング詐欺メールが来る場合は、詐欺メールのドメインを拒否

Amazonや楽天市場の詐欺コピーサイトがあります。

Amazonからの代引き発送での詐欺も流行ってます。

J:COM、インターネットで突然「システム警告画面」が出た際の対処方法について

Amazonレビューを書いて、お金をもらってる「レビュー屋」

盗まれた個人情報(携帯の電話番号など)見知らぬ相手から電話がかかってくる場合もあります。

Amazonからのメールで、件名に「あなたのアカウントは停止されました」詐欺メールです。

 


 
詳解セキュリティコンテスト ~CTFで学ぶ脆弱性攻略の技術 単行本(ソフトカバー) – 2021/7/22
梅内 翼 (著), 清水 祐太郎 (著), 藤原 裕大 (著),

詳解セキュリティコンテスト ~CTFで学ぶ脆弱性攻略の技術 単行本(ソフトカバー) – 2021/7/22
梅内 翼 (著), 清水 祐太郎 (著), 藤原 裕大 (著),

 


 

2021年9月
「電子書籍には所有権はない。規約違反などでアカウントが停止されれば、すべての蔵書を一瞬で失うことになる」
「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛ぶ」アマゾンの電子書籍が抱える根本的な落とし穴
https://news.yahoo.co.jp/articles/f33fbefb012d7d6b83a830294891c24a8ab6f136

2020年3月以降、フィッシング詐欺が急増
6割以上がAmazonを装ってのフィッシング詐欺
フィッシング詐欺が1カ月で2万件超に急増、4割が使う「古典的な手口」とは
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/04550/

インターネットが普及して、今では、いろいろなサービスが増えていますが、それに伴い、不具合や、それを利用してのフィッシング詐欺(詐欺)なども年々増加してます。

公益社団法人 日本通信販売協会 JADMA(ジャドマ)
https://www.jadma.or.jp/consumers/usage_fraud/

巧妙な詐欺サイトを見破れ!偽サイトの見破り方を一挙公開
消費者庁:「悪質な海外ウェブサイト一覧」
https://securitynews.so-net.ne.jp/topics/sec_20013.html

悪質通販業者相談リスト
https://www.iajapan.org/hotline/list/list5.html

Amazonのサイトを見てると、たまに繋がらない事があります。
Chromeとかで利用するとすごい暴走することがあります。
また、不具合とかで繋がらない場合もあります。

Amazonに発生した障害 過去24時間
https://downdetector.jp/shougai/amazon





楽天カード
新規で入会すれば、
5000円のポイントがもらえるので、作ると、お得です。





 


 
ビックカメラ.COM
楽天市場
Yahoo!ショッピング



ビックカメラ.com



楽天市場



 


 

Amazon.co.jp(Amazon)のマーケットプレイスを契約すれば、
誰でも、Amazon内で、品を販売や出品ができます。
中には詐欺などもいます。

ネットショップの開業・構築なら集客に強いMakeShopで!
MakeShopは流通額No.1
「売れる」ネットショップ構築・運営サービス。
充実したサポート対応
15日間の無料体験あり

 


 

SNSで話題です。

2021年6月
Amazonアプリで障害か、「すぐ落ちる」報告相次ぐ PrimeビデオやKindleも【解決済み】
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/24/news075.html

Amazonのサービスを、お金を払って利用してる人は多いです。

AmazonのKindleなど、ほか。
Kindleは、人によっては分かりづらいです。

Kindleアプリやソフト、または、ブラウザ版などあり。

自分は、PC版、Mac版のKindleをアプリを使う。
すると、Kindleアプリが終了してまうことが、たまにあった。
前からあったけど、しばらくしたら、普通に使える。

これは、通信回線のエラーなの?と思ってた。

自分は、インターネットの回線は、jcomを使用。
jcomはたまに通信エラーなどもあります。

Amazonで、買った本を、Kindleで読みたくKindleアプリを起動したら、Kindleがすぐ終了。
何度やってもだめ。
スマートフォンのKindleアプリだと普通に見れる。

自分の場合は、PC版のKindleアプリだけ落ちて使いものにならない。

Amazonで障害があったそうです。

できればAmazonの公式サイトで、通信障害など表示してほしいです。
いろいろ試した時間が無駄になります。

 


 
SNSで検索すると被害になった人などがツイートしてます。

#フィッシング詐欺 hashtag on Twitter

https://twitter.com/hashtag/フィッシング詐欺

#楽天詐欺メール hashtag on Twitter

https://twitter.com/hashtag/楽天詐欺メール

詐欺被害ナビ
https://www.fraudnavi.com

「#詐欺メール」のYahoo!検索(リアルタイム) – Twitter
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search/%23詐欺メール/

詐欺メールなどが頻繁に来る場合、報告するといいです。

フィッシング対策協議会
https://www.antiphishing.jp

 


 

Webブラウザなど利用するときに、便利なプラグインなどインストールして使う人も多いです。
Chrome拡張機能が個人情報を盗んでいたらしいです。

2020年2月
GIGAZINE
500個ものChrome拡張機能が個人情報を盗んでいたことが判明、被害者は170万人を超える
https://gigazine.net/news/20200217-chrome-extension-malware-malvertising/

Google ChromeのWebブラウザを使ってる人は多いです。
拡張機能で、プラグインをインストールして使用。
最近では、そのプラグインに不正なソフトウェアがあると、自動で無効化してくれます。
Page Rulerとか自動で無効化されました。


Page Ruler

 


 

2021年2月
SNSで話題です。
最近のAmazon、コスト削減なのか、
本の配送など、そのまま本を、入れての配送してきます。
これだと、配送中に、本とかにキズが付きます。

自分も、Amazonで本を買って何度かありました。
もはや、くじ引きみたいな感じ。

Amazonに問い合わせると、返品の交換などするが、
また、同じ状態で配送されてきます。

昔のAmazonは、ビニール袋とかで本が動かないように密封されていたけど。

どんどん利用しずらくなる。

中古で買うなら、本とかにキズとかついていても自分は気にしないけど。

新品で買う本。人によっては大切な本です。
それが、配送中んいキズって。配送する人は悪くないけど。

なんで、本が動かないような梱包で配送しないんだろ。

Amazonで本を買う人は注意した方がいいです。

 


 

インターネットが普及して、それを利用してのフィッシング詐欺(詐欺)なども年々増加してます。

2020年9月
PS5予約で注意、誤クリック狙いの高額転売業者が出現 25~50万の法外出品も
https://www.j-cast.com/photo/2020/09/18394734.html

PS5を“50万円で高額出品”するAmazonアカウントが問題に 「キャンセル不可です」と迷惑料5万円を要求する出品者も
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2009/18/news095.html

2020年9月
通販サイト・アマゾンのレビュー欄に低評価の投稿
やらせレビュー、社長が執念の追跡 一致した配送先住所
https://www.asahi.com/articles/ASN9H7F34N9BTIPE02N.html

2020年7月
前からいろいろ言われていますが、Amazonで働いてる従業員、Amazon倉庫にある品を盗んで転売してるそうです。

神奈川のAmazon倉庫で窃盗疑い、社員の男逮捕 「商品が1000万円分ほど足りない」
アマゾンジャパン社員、池野翔容疑者(27)を逮捕。
https://www.sankei.com/article/20200707-WFFAKKI3GJLWBOYD7QKIUPE5H4/

アマゾンの社員が勤務している倉庫から商品を盗んで転売していた。
Amazon社員が商品窃盗か「都内の電器店で転売した」
https://news.nifty.com/amp/domestic/society/12295-712440/

 


 
Amazon.co.jp(Amazon)不審なメールについて
Amazon.co.jp(Amazon)不審なメールについて

実在する企業を騙り、
「アカウントがロックされました」

「有効期限が切れました」など不安を煽り、クレジットカード番号など重要な情報の入力を求めてくる不審なメール(いわゆるフィッシングメール)による被害が多数の報告されています。
そのような不審なメールが届いた際は開封せずに削除してください。などと企業側も案内してます。

Googleなどの検索のエンジン、他の企業も、いろんな情報など収集してると思うけど。

迷惑メール相談センター | デ協 – 日本データ通信協会
https://www.dekyo.or.jp/soudan/index.html

サイトチェッカー・SecURL
URL(リンク・ホームページ)の安全・危険を無料で判定検査。
リンクスパム・ウイルス感染の検出や詐欺サイトのチェック
https://securl.nu

フィッシングサイトの届出は4倍以上に、HTTPS対応サイトも半数を超える(フィッシング対策協議会)
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2020/06/04/44172.html

フィッシング対策協議会
フィッシングに関するニュース
https://www.antiphishing.jp/news/alert/

フィッシングサイトURL提供 – フィッシング対策協議会
https://www.antiphishing.jp/enterprise/url.html

kaspersky カスペルスキー
本物そっくりのWebサイトから個人情報を盗むフィッシング
https://home.kaspersky.co.jp/store/kasperjp/ja_JP/html/pbPage.article-02/ThemeID.37143000/

ネットの詐欺に要注意!巧妙化するフィッシング詐欺の手口
https://security.biglobe.ne.jp/column/001/02.html

 


 

2020年7月
TikTok、日本でも規制か…自民党、「中国製アプリ」の遮断推進
https://s.japanese.joins.com/JArticle/268565?sectcode=A00&servcode=A00

TikTokのアプリなど、世代によっては使ってる人が多いです。
どの企業も、アプリなど使用する時に、
個人情報など入力しないと使えないアプリが多いです。

ただ、中国の場合、2017年に、中国の「国家情報法」があり
中国政府から要請があった場合、
企業側は、情報(個人情報など)を提供する義務があるそうです。
なので、日本人が、中国が開発したアプリを使用してて、
自分が知らない内に、個人情報が中国側に勝手に渡ってる場合があるそうです。

有名な芸能人の方でも、見知らぬ電話がかかってきて、その電話にかけたら、中国語で話されたそうで、
その電話番号を検索したら、中国の電話番号で有名だとか。
どこから情報が中国に渡ってるかわからないが、いろんな有名人が、このような被害などにもあってるそうです。

 


 

 


 

「.org」ドメインに注意「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」SMSに気をつけて

「.org」ドメインに注意
RocketNews24
【詐欺】ついクリックしちゃった!「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」から始まるSMSに気をつけて!!
https://rocketnews24.com/2020/06/16/1382481/

.org(ドット オーグ または ドット オルグ)は、インターネットのDomain Name Systemで使用されるジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/.org

gTLD ジェネリックトップレベルドメイン(英語: generic top-level domain、略称:gTLD)とはトップレベルドメインの種類の一つ。IANAによって管理され、インターネットで使用される。分野別トップレベルドメインと呼ばれることもある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェネリックトップレベルドメイン

gTLD (Generic Top Level Domain) は、もともとは「.com」、「.edu」、「.gov」、「.int」、「.mil」、「.net」、「.org」の7つのみだが、現在では、この他にもドメイン名が存在します。

 


 

2020年5月
悪質ネット通販を見分けるポイント、消費者庁が解説

不自然なURL、URLに「.xyz」など見慣れないドメインが使用されているなど

https://news.livedoor.com/article/detail/18227539/

2020年4月
INTERNET Watch
2月のフィッシング報告は7630件、悪用されるURLは過去1年間で最多

楽天、Amazon、Apple、LINEをかたるフィッシング、フィッシングメールでは同じ件名や文面で繰り返し大量配信されていることを確認
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1238595.html

2020年4月
INTERNET Watch
なりすましメールは許さない! 「プレミアムバンダイ」が導入する、なりすましメール対策「DMARC / 25 Analyze」とは?
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/topic/special/1235886.html

INTERNET Watch
TwoFive、なりすましメール対策サービス「DMARC/25 Analyze」に類似ドメイン詐称検知機能など追加
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1234624.html

Amazon.co.jp(Amazon)になりすまし詐欺が多いです。
Amazon.co.jp(Amazon)にから身に覚えの無い代引が配送で届く。
家族が頼んだのかな?と思って、受け取ったらアウト。

 


 

悪いヤツらは何を考えているのか? ゼロからわかる犯罪心理学入門 (SBビジュアル新書) (日本語) 新書 – 2020/4/30

悪いヤツらは何を考えているのか? ゼロからわかる犯罪心理学入門 (SBビジュアル新書) (日本語) 新書 – 2020/4/30

 


 

2020年3月
新型コロナでアマゾンの「やらせレビュー」自粛、中国首謀者が告白
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/030600032/

2020年3月
INTERNET Watch
Amazonのドメインのメールアドレスからフィッシング詐欺メールが来た
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/dlis/1240399.html

2020年3月
「自宅の住所が、Amazonのマーケットプレイス出品店の住所として、勝手に掲載されています。」

なぜ?アマゾンに自分の住所…出品業者の所在地として掲載 「心配でたまらない」女性に不信感
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/589190/

2020年1月
アマゾン配達員か、荷物放り投げ動画が拡散 路上から集合住宅の敷地に、アマゾン「適切な措置講じている」
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/112036

 


 

詐欺メールです。「残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。」

スマートフォンを使っていて、
Amazon.co.jp(Amazon)を装ってのフイッシング詐欺メールなどが来ます。

「残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。」など。
詐欺メールです。

「account-update」@amazon.co.jp

「store-news」@amazon.co.jp
など、いつも、同じ詐欺メールです。

スマートフォンに、詐欺メールが受信だと、
本物のメールか、わからない人は、
メールの本文に書いてあるURLをクリックして、そのまま個人情報を入力してしまいます。
詐欺メールで来る、URLリンクは、毎回いろいろ変えてきます。

スマートフォンを使っていて
本当にAmazonからのメールなのか?確認したいなら
au なら
au Webメールのヘッダー情報を見ればすぐわかります。

auを使っている方なら
My auにログイン。

My auログイン|au
My auログインのページ。
ログインいただくと各種ご契約内容の確認・お手続きをご利用いただけます。
https://www.au.com/my-au/

又は
auのWebメールにログインして、
届いたメールのヘッダー情報を見ればすぐわかります。

Webメール|au
https://www.au.com/mobile/service/webmail/

au Webメールにアクセスしてログインページをクリック


au Webメール


ログインページ

次に、ログインするをクリック


ログインする

メールの、メールボックスに、
スマートフォンに届いた受信したメールの一覧が見れます。
Amazon.co.jp のメールをクリック


メールボックス


Amazonのメール

ヘッダー情報を見たいので
ハートマークをクリックして、ヘッダー情報をクリック


マークをクリック


ヘッダー情報

このように、ヘッダー情報が見れます。
Amazonからのメールではなく、
なりすましの詐欺メールです。


ヘッダー情報

 


 

インターネットサービスを利用する時に、個人情報を登録します。
名前やメールアドレスなど、

いきなり、キャリアメールを使っていて、迷惑メールが来出したけど。

どこから個人情報は漏れてるの?。

スマートフォンなど利用してて、ショートメール(電話番号だけ送れる)は、
電話番号から、手当たり次第、メール送信してるそうです。

でも、キャリアメールアドレスって、普通は、なかなか詐欺のメールって、来ないです。
キャリアメールアドレスって、みんな個々で、いろいろな名前で登録してると思うし。

キャリアメールに、フィッシング詐欺メールが来る。

これは、
内部の人間が、情報を収集したり、詐欺に関わってることが多いです。

キャリアメールを使っている場合、普通は迷惑メールが来ないです。

 


 

他に
スマートフォン(パソコン)で
Amazonを装ってのフイッシング詐欺メール的なもの
Amazonからのメールを受信した。
メールに届いたURLをクリックするのではなく、

Amazonのサイトには
Amazonのアカウントサービスがあるので、
アカウントサービスをクリック
「Eメールとメッセージ」のメッセージセンターをクリック

ここで、
Amazonから送信された自分の宛の受信メール一覧が見れます。
ここを見れば、
本物のAmazonからのメールなのか
Amazonを装ってのフイッシング詐欺メールなのかが、わかります。

 


 

Yahoo!メールを使ってる人は多いです。
2020年3月
Yahoo!メールでは送信ドメイン認証技術の一つである「DMARC(ディーマーク)」を導入いたします。とのことです。

Yahoo!メール
ドメイン認証技術「DMARC」について
https://mail.yahoo.co.jp/antispam/dmarc.html

 


 

SNS、Twitterとか無料なので、多くの人が利用してます。
よくあるのが、フォローして、プレゼントが当たる企画。
企業がやるなら、まだわかります。が、
最近では、誰?素人?現金などプレゼントなど、怪しいプレゼントもあります。
それは、個人情報の収集やTwitterアカウントを売る目的に利用される場合があるとか。

Twitterの認証マークがないアカウントでのプレゼントの企画は怪しいです。

2020年3月
ねとらば

3月4日22時より
NHK総合「クローズアップ現代+」で放送されます。

NHK「クロ現+」で「アカウント売買の闇」を特集 「フォロー&リツイートで現金プレゼント!」はなぜ危険?
気軽なフォローから詐欺に巻き込まれるかもしれません。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2003/03/news078.html

 


 

SNSで話題になってます。
大手スーパーのイトーヨーカドーが無断で、他人が描いた掲示物イラストを使ってる
しかも、イラストを描いた人のサインなどは消して、
あたかも自社で作成したように。
世間の声、せこいな。

制作した時間など考えたことあるのかな。
個人で使うならまだしも。

2020年2月
無断でイラストを使用したとして、大手スーパーのイトーヨーカドーが謝罪です。
マスクの作り方を無断でイトーヨーカドーが謝罪
https://news.livedoor.com/article/detail/17797555/

こういうのがいると、大丈夫か?と思う。
詐欺メールなどの送信など、内部の人間が関わってるとかあるらしいが。

 


 
「ストーカーアプリ」
個人の情報など盗めます。

2020年2月
「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常”とは
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2002/20/news018.html

スマートフォンなどにストーカーウェアはダウンロードでき、
表向きは正当なアプリとして存在しています。が何者かにインストールされると、全ての情報を盗み見られてしまいます。

SNSで検索すると被害になった人などがツイートしてます。

#フィッシング詐欺 hashtag on Twitter

https://twitter.com/hashtag/フィッシング詐欺

#楽天詐欺メール hashtag on Twitter

https://twitter.com/hashtag/楽天詐欺メール

詐欺メールなどが頻繁に来る場合、報告するといいです。

フィッシング対策協議会
https://www.antiphishing.jp

 


 
Amazonや楽天市場などを装ってのフィッシングメールは、海外や、中国などから送信されてます。

日本の国内からもフィッシング詐欺メールは送信されてます。

中国は人口が多いです。詐欺も多いです。
中国では、偽物の銀行を建設して、それを使い、お金を騙しとっていたそうです。
本物の銀行と間違えてみんな利用してとか。

また、Googleや、Twitter、LINE、Instagramほか、
中国では使用ができないサービスも多いです。

Googleの代わりには、百度(バイドゥ)などが使われています。
百度(バイドゥ)
https://www.baidu.com/

他にも、中国ではTwitterなどは使用ができないので、Twitterの代わりはweiboなど
weibo
https://jp.weibo.com/z/

 


 

フィッシングの詐欺メールなどは、いつも同じところ(中国、台湾、日本、ほか)から送信されてます。

Amazonの公式のTwitterでも、
フィッシングのメールとか来ても、開かないでくださいとか、Amazonサイトのヘルプページを見てくださいとか。ツイートしてないけど。

Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

Amazonからのメールなのか、
Amazonを装ってのフィッシング詐欺メールかどうかわからないから、
不安な人とかは、Amazonに問い合わせとかしてるは思うけど。
これだと、毎回毎回、何も変わらいかも。

Amazon Help
@AmazonHelp
https://twitter.com/amazonhelp

詐欺グループは、Amazonの偽サイトを作成して、そこにクリックさせて、個人情報を盗むのが目的です。

偽サイトを作る場合は、サーバーとか、ドメインとか必要です。
ドメインとかは、検索すれば、情報が出てきます。その仕方など解説しないと、
Amazonを装ってのフィッシング詐欺メールは無くならないかも。

騙される人が多いから、詐欺グループも毎回してるので。

スマートフォンからだと、URLクリックが偽装で表示されているので、
不安な方は、
フィッシングメールが来た場合、
そのメール内容を、自分のPCアドレス宛に転送で送信するといいです。
メールのヘッダー情報など見ると
Amazonから送信されてないことがするわかります。

Amazon.co.jp(Amazon)公式の本物サイトから、コンテンツを取得して、転送してるらしいです。

2020年2月
SNSでも話題になってます。
Amazonの偽サイト
Amazonの公式(本物)サイトから、コンテンツを取得して、転送してるらしいです。

偽サイトって、多くあるみたいです。

 


 

キャリアメール(au、ドコモ、ソフトバンク)を使っていて、
フィッシング詐欺メールが来る場合は、詐欺メールのドメインを拒否

フィッシングの詐欺メールなどは、いつも同じところから来ます。

詐欺メール
キャリアメール(au、ドコモ、ソフトバンク)を使っていて、
フィッシング詐欺メールが来る場合は、詐欺メールのドメインを拒否するといいです。

au
受信リスト設定 | 迷惑メールフィルター機能 | au
https://www.au.com/support/service/mobile/trouble/mail/email/filter/detail/domain/

ドコモ
迷惑メール対策の受信リスト/拒否リスト設定- NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/spmode/domain/

ソフトバンク
受信許可・拒否設定 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
迷惑メールの受信許可・拒否設定をする方法
https://www.softbank.jp/mobile/support/mail/antispam/mms/whiteblack/

迷惑メールフィルターなど使い拒否の設定。

詐欺のメール、迷惑メールのアドレスに「.com」などあります。
auの場合なら
「.com」を拒否するなら
「拒否リストに登録する」で「.com」など入力し
登録したら
「拒否リストの有効・無効設定」を「有効」にし、「変更する」をタップすれば設定は完了です。

ただ、「.com」にすると、他のメールも届かなくなるので、詐欺メールだけ拒否すればいいです。

また、スマートフォンで、キャリアメールを使っている場合
詐欺メールが来た場合は、スマートフォンやiPhoneとかだと「メールヘッダ」の情報とか見れないので

自分の携帯電話会社で使っている電話番号などで、
携帯電話会社のサイトにログインして、
自分のメールアドレスの設定とかで、メールの送受信とかが見れます。

詐欺メールの場合を受信した場合、「メールヘッダ」に、
宛先、送信元などがすぐわかるので、偽装されてるのがすぐわかります。

電子メールには、「メールヘッダ」という様々な情報が付加されています。具体的には、宛先、送信元、題名、送信日時、送信経路(IPアドレス含む)などの情報が記載されています。

詐欺メールが来る、そのメールに記載されているドメインを調べる。
そのドメインが国内の有名なレンタルサーバーを使っている場合があります。

どこから、フィッシング詐欺メールは送信されているのか?
有名なレンタルサーバーは、ソーシャルゲームプラットフォームなどのサービスもしている。
その内部の人間が、携帯電話のキャリアメールのアドレス情報を盗んで、フィッシング詐欺メールをしている場合があります。

迷惑メール相談センター
Eメールヘッダ情報の確認方法
ヘッダ情報とは、受け取ったメールがどこから、どのような経路で送られてきたのかを記録したものです。
https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/ihan/header.html

 


 

2020年2月
「【重要】 Amazon Pay ご請求内容のお知らせ」というメールが来たから解析してみる詐欺
https://ccsi.jp/フィッシング/「【重要】-amazon-pay-ご請求内容のお知らせ」というメ/

WHOIS検索
ドメインの登録者を検索
https://tech-unlimited.com/whois.html

ドメインの登録者がわかったら、IPアドレスなど調べます。

IPドメインSEARCH
https://www.ip-domain-search.com/index.shtml

ドメイン/IPアドレス サーチ whois情報
https://www.cman.jp/network/support/ip.html

IPアドレスなどから通信事業者がわかります。

通信事業者
https://ja.wikipedia.org/wiki/通信事業者

Amazonの偽サイトを作成
Amazonフィッシング詐欺メールを送ってる

Amazonのロゴ画像などは本家のサイトからコピーして使っているので本物のAmazonサイトと間違えそうになる。

URLだけを変えています。

Amazonや楽天市場、その他、
フィッシングメールを送ってる
URLに記載されているドメインをWHOISのサイトで検索すると
ドメイン管理者など登録が毎回同じです。
登録しては削除の繰り返し

キャリアメールを使っててフィッシングメールが来る場合は
国内のレンタルサーバー会社などがフィッシング詐欺に関わってる場合があり

 


 

2020年2月
INTERNET Watch
1月のフィッシング報告は6653件、Amazonかたる詐欺の割合が多い状況
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1233295.html

Amazonかたる詐欺、同じ詐欺グループがフィッシング詐欺メールを送信してる
Amazonの偽サイトは、国内のレンタルサーバーを使用し、ドメイン取得
レンタルサーバーと共犯してる可能がある感じか

 


 

楽天市場での出品店、
商品を安くして出品し、実際には送料が適正の送料ではない出品店とかあります。
配送料って、普通は、一律で価格が決まってます。
レターパックプラスなら520円です。それを送料が2000円とか請求してきたら、詐欺まがいのお店な感じだと思うけど。

飲食店ではないんだから。なんで送料で、もうけてるの。
楽天サイト、他のサイトなど、そういう店もあるので注意が必要です。

2020年1月
ITmedia ビジネス
楽天サイトの送料無料に出店者反発 携帯事業でも不安材料

https://www.sankei.com/article/20200117-H432KT5Z5BIKPBLXFPMQDVRXQI/

 


 

日経ビジネス
Amazon
アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に
通販サイトでは金銭を受け取って「コスパ最高」「大満足」などと、高評価のレビューを書き込む「やらせ」が横行している。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/011700016/

ショッピングサイトでの偽レビューの書き込み
2019年12月
「偽レビュー」、米当局が監督強化=ネット通販で不正発覚
https://www.2nn.jp/newsplus/1575378344/

 


 

三菱電機、複数ハッカーが攻撃か ウイルスバスター欠陥悪用
約8千人分の個人情報や取引先の機密の流出
中国系ハッカー集団「Tick(ティック)」と別の中国系ハッカー集団の関与が取材で分かった。
https://news.livedoor.com/article/detail/17698370/

 


 

知らないと危険!!! スマホ・ネットの処方箋 (マイウェイムック) (日本語) ムック – 2019/12/17

 


 

Amazonや楽天市場の詐欺コピーサイトがあります。

「偽サイト」なりすましサイト
Amazonや楽天市場の詐欺コピーサイトがあります。

フィッシングのメール
ショートメール(SMS)は、電話番号で送信できるので、スマートフォンや携帯電話に、ランダムで送信しているそうです。

キャリアメールでのフィッシング詐欺メール
最近では楽天市場なでも、Amazonのように、中国などから発送してくる業者もいます。
キャリアメールでフィッシング詐欺メールが来る場合
以前、楽天市場などに出品してた店が、個人情報など転売している。
又は、関係者などが個人情報を不正に入手してる場合があります。

Amazonや楽天市場の詐欺コピーサイト
サイトのURLのドメイン名が「.co.jp」「.jp」「.com」「.net」では無く、
なじみのないドメインが使われている。と書かれていますが、
中には、詐欺コピーサイトで「.com」が普通に使われている
独自ドメインを使う場合は、基本的に有料で購入し、使い捨てされてる

「偽サイト」なりすましサイトは、レンタルサーバーなど契約して使用してます。
詐欺グルーブは、ドメイン、サブドメイン、メールアドレス、など、無数に利用ができる。

国内の有名なレンタルサーバーの会社の中に、詐欺業者がいるらしいです。
なので、Amazonや楽天市場の詐欺コピーサイトが無くならないとか。

Amazonや楽天市場の詐欺コピーサイトのドメインなど検索すると、国内の有名なレンタルサーバーを使用されているのがあります。レンタルサーバー会社もぐるなのか。

フィッシング詐欺のサイトなど
サイトURLが
「www」と「www2」などもあります。

「www2」だと
www2.amazon.co.jp.buzz/ 詐欺サイトです。

Amazonや楽天市場を装ってのフィッシングメール
日本国内からフィッシングメールを送信
海外からフィッシングメールを送信
中国からフィッシングメールを送信

フィッシングメールを送ってきて、
独自ドメインを取得して、
偽サイトAmazonや楽天市場などのサイトを表示させ、
そこに、登録した個人情報のデータを盗んでます。

独自ドメインなど使う場合は、登録して、ドメインを取得しますが、
国内の有名ドメイン会社を使ってるので、フィッシング詐欺グルーブは、
レンタルサーバーの会社と共犯してる可能性があります。

インターネットで、国内のレンタルサーバー詐欺などで検索すると、いろいろ出てきます。

登録の際に使われている連絡先メールアドレスが、

abuse@○○
メールアドレスの@(アットマーク)の前の部分
架空請求のハガキみたいに、同一人物がしてます。

どの詐欺サイトでも、「abuse」を使って登録。
電話番号なども全て同じで登録。
繰り返して、フィッシングメールの詐欺の行為をしています。

詐欺関連など
インターネットで、電話番号などで検索すると、詐欺の電話番号でいろいろ出てきます。
注意が必要です。

マレーシアでネット詐欺 中国犯罪グループ680人超摘発
https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/49284.html

2020年1月
【ご注意ください】「楽天を装ったメールの送信元アドレス」一覧
https://ichiba.faq.rakuten.net/detail/000006910

楽天市場 – 詐欺コピーサイトにご注意!
正規サイトのデザインを真似したり、正規サイトの企業名、連絡先等を表示した詐欺サイトである場合が多いことから、【重要】googleなどの「 検索結果に表示されているドメイン名」と「ページ表示後のドメイン名」が異なる。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/ymworld/sp/copy.html

独自ドメインを取得したい場合は、基本的に有料で購入するが
安価なドメインを多用し1時間で使い捨てるビジターアンケート詐欺
https://www.daj.jp/security_reports/190816_1/

日本の利用者を狙う偽サイト、悪用のため7万件のドメインを取得
https://blog.trendmicro.co.jp/archives/10605

 


 

日本データ通信協会
迷惑メール相談センター
https://www.dekyo.or.jp/soudan/index.html

詐欺メール
インターネットで買い物などするときに、
クレジットカードなどを利用する場合もあります。
MasterCardを騙る(かたる)詐欺メール
JCBカード、
楽天市場を騙る詐欺メール
Amazonのアンケートを騙る詐欺メール
その他、いろいろな詐欺メールが来ます。
注意が必要です。

詐欺メールやフィッシングメールは日本の国内から送信されています。
海外から偽装してる風に見せてるのもあるが。

有名なレンタルサーバーなどを使い、詐欺メールを送信し、
クリックさせ、個人情報など盗む。

ドメインなど契約して使うと、
名前、電話番号、住所、メールアドレス他など登録されています。
ただ、詐欺業者は架空で登録してるが。

フィッシングメールや詐欺メールで来るURL部分には、
リンク先が表示されてて、アクセスするときに、ドメイン名などが表示されます。

詐欺メールで来るURLの部分は、偽装でいくらでも変えられるが、
ドメイン部分は偽装されていないので、よく見たらわかります。
(ドメイン名).com など
(ドメイン名).co.jp など

ドメイン名 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ドメイン名

スマートフォンなどの場合は、届いた詐欺メールを、パソコンなどに1度、転送するといいです。
偽装されてるメールアドレスとかも表示されるので。
スマートフォンの場合は、手軽にURLをクリックできるので、注意が必要です。

Amazon詐欺メール、その他、フィッシングメールは日本の国内から送信されています。
偽装などもあり。

日本国内なのに、ドメイン名まで出ていて、
長年、詐欺を繰り返してる。
警察に捕まらないのが不思議です。

レンタルサーバーなど経営してる業者は暗黙の了解で詐欺をしてるのか知らないが。
詐欺に使われているドメイン名で、インターネット検索すると、
ドメイン会社やレンタルサーバー会社と共有して詐欺メール、フィッシングメールなど送ってるなども出てくるけど。

2020年1月
詐欺メール
あなたのMasterCardカードにはリスク取引がありますので、3日以内にパスワードを変更し、リスクを解除してください。

【2020/1/19 15:25】MasterCardを騙る詐欺メールに関する注意喚起
https://www.cc.uec.ac.jp/blogs/news/2021/05/20210512mastercardphishing.html

詐欺被害ナビ
https://www.fraudnavi.com

「#詐欺メール」のYahoo!検索(リアルタイム) – Twitter
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search/%23詐欺メール/

 


 

Amazonからの代引き発送での詐欺も流行ってます。

Amazon.co.jp(Amazon)からの代引き発送での詐欺も流行ってます。
送り付け詐欺
注文した覚えがない品を、代引きで届けくてる詐欺
Amazonに電話すれば返金してもらえるそうです。

Twitter Amazon代引き詐欺
https://twitter.com/hashtag/amazon代引き詐欺

千葉・船橋 ヤマト運輸かたる電話に注意 「伝票濡れて読めない」個人情報聞き出す
https://www.sankei.com/affairs/news/200110/afr2001100021-n1.html

商品など買う。または、宅配便などから不在の連絡などあります。
詐欺が流行ってます。

2020年1月
郵便局からの
ご不在のお知らせ。

スマートフォンで、郵便局から届いたメールを開き、
そのままURL開きアクセス。
番号認証で、詐欺に合いました。

認証から5分後に、
かんたん決済でAppleからの請求がきました。

めちゃくちゃ
出回ってるので注意して下さい。

 


 

僕らはSNSでモノを買う (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/29

 


 

学歴・資格関係なし! 人生を逆転させる転職術 (日本語) 単行本 – 2019/11/9

 


 

J:COM、インターネットで突然「システム警告画面」が出た際の対処方法について

J:COM
【重要】インターネットで突然「システム警告画面」が出た際の対処方法について

パソコンで、突然「システム警告」「システム破損」と表示。
ブラウザーを閉じられないトラブルが急増しています。

これはインターネットブラウザ上で発生する
「詐欺警告(警告を装った詐欺)」で、ウイルス感染や故障ではないのでご安心ください。
「詐欺警告」画面が表示されたとしても、正しく対処すれば個人情報漏洩等の被害は発生いたしません。
複数回表示される可能性もあります。

インターネットで「システム警告(詐欺警告)」の対応方法

https://cs.myjcom.jp/knowledgeDetail?an=000477497

 


 

ショッピングサイトをしていると、
フィッシングの詐欺メールなども届きます。
Amazonに登録してるアドレスに届く
登録していないメールアドレスで届く
Amazonなどを装う詐欺メールは多いです。

詐欺グループは、アドレス名を変えて、詐欺メールを次々と送ってきます。

2020年1月
Amazonを装うフィッシング詐欺メールアドレス

文章など変えては、
「account-update@amazon.co.jp」で送ってきます。
Amazonを装いのフィッシング詐欺メール

Amazon.co.jpが使用している送信元アドレスドメインで、
「account-update@amazon.co.jp」は、Amazonでは使用していないアドレスです。

Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

Amazon詐欺メール「account-update@amazon.co.jp」からのメール
https://avohm.info/post-2922/

「account-update@amazon.co.jp」のメール
amazon.co.jpから来るので戸惑いますが、
「account-update@amazon.co.jp」は詐欺メール。
気をつけた方がいいです。

スマートフォンに届くと、わかりにくいですが、

そのメールを転送などすると、詐欺メールとわかります。
パソコンで、詐欺メールから届く、URLに、マウスをすると、Amazonではないリンク先が出るので注意です。

2019年11月
「突然無料サンプルが届く」Amazonの販促プログラム、2020年終了へ。不審がる消費者続出
https://news.livedoor.com/article/detail/17443235/

 


 

楽天市場とかでも、そうだけど、
リボ払いの設定金額など注意が必要です。
初期設定のままだと、
その金額でリボ払いが適用されます。

1回の支払い金額で精算できる場合でも、
リボ払いで、支払うと、リボ払い手数料が発生してしまいます。


10000円の品を購入
リボ払い設定で、10000円に設定していたら
10000円が適用されます。

今では、楽天市場だと、リボ払いのシュミレーション出来るみたいです。

 


 

今では、スマートフォンなど普及して、インターネットをしてる人も多いです。
その手軽差から、インターネットで品が、簡単に買えます。

ただ、インターネットなど普及とともに、
年々、詐欺や、フィッシングメール、迷惑メール、

会員登録して、利用してるサービスなど、詐欺のメールも増えてます。

インターネットのショッピング系に登録してる。
また
Amazonを利用してる人は、
Amazonには本名、住所、クレジットカード番号など個人情報を登録して利用してます。

突然Amazonからのメールで
「あなたのアカウントはブロックされています」などのメールも増えてます。

Amazonからメールが来た人は、信じてしまい、メール内のURLなどクリックしてまうこともあります。

見て、すぐ詐欺メールとわかればいいけど。

2019年9月
アマゾンで他人の“注文履歴”が見えてしまう状態に同社は「現在調査中」
CNET Japan
通販サイトの「Amazon.co.jp」で、他人の注文履歴が表示されてしまうエラーが、9月26日から一部のユーザーの間で起きています。

2019年10月
engadget
Twitter、2要素認証用に集めた電話番号がターゲティング広告に使われた可能性があると謝罪。
https://japanese.engadget.com/2019/10/09/twitter-2/

ITmedia NEWS
Twitter、2要素認証用の個人データを誤って広告に使っていたと謝罪(停止済み)
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/09/news062.html

2019年10月
ITmedia ビジネスオンライン
気が変わった、お金ない…「代引き」で受け取り拒否のトラブル相次ぐ サービス中止の企業も
https://www.sankei.com/article/20191028-UROINTEH2ROOFBOVVSXYHBQ37A/

 


 

2019年11月
togetter
Amazonで中国製の商品が不良品だったので詳細な低評価レビューしたら出品元から「レビュー消してくれたら2倍の金額で返金するよ」と連絡が来た
https://togetter.com/li/1436153

 


 

価格:¥ 999(価格変動あり)
ぺリックス PERIMICE-209U 有線USBマウス – 1000DPI光学式センサー – 3ボタン – 1.8Mケーブル – ブラック

価格:¥ 1,299(価格変動あり)
inphic有線コンピューターマウスブラックラージUSBゲームマウス(Mac、DELL、HP PC/ラップトップ、Windows/XP Vista/対応)、6つのボタン4つの調整可能なDPIレベル、呼吸用LEDライト

 


 

Amazonベーシック製品、いろいろあります。
Amazonベーシック製品は、価格、サイズ及び色、その他、製造時期で異なる場合もあります。

Amazonベーシック製品を購入の場合、1年間の保証もあるので、
購入した製品が1年以内に、不具合が出た場合などは対応してくれます。

Amazonベーシック1年間限定日本国内保証

Amazonベーシック製品

Amazon / Amazonベーシック製品(価格その他の詳細はサイズ及び色により異なる場合があります)

Amazonベーシック製品は、前は、安価な価格だったですが、現在では価格が値上がりしてるみたいです。

価格:¥ 698(価格変動あり)
Amazonベーシック マウス USB MSU0939

価格:¥ 1,786(価格変動あり)
Amazonベーシック USBマウス MSU0939 + ゲーム用マウスパッド 標準サイズ

価格:¥ 1,786(価格変動あり)
Amazonベーシック USBマウス MSU0939 + ゲーム用マウスパッド XXLサイズ

価格:¥ 1,456(価格変動あり)
Amazonベーシック USBマウス MSU0939 + ゲーム用マウスパッド ミニサイズ

価格:¥ 2,206(価格変動あり)
Amazonベーシック USBマウス MSU0939 + ゲーム用マウスパッド 拡張サイズ

価格:¥ 1,174(価格変動あり)
Amazonベーシック ライトニングケーブル USB 【iPhone対応 / Apple MFi認証】 シルバー 1.8m 高耐久ナイロン製

 


 

Amazonレビューを書いて、お金をもらってる「レビュー屋」

2019年10月

Amazonで品を買う時に、レビューなど見て、買う人もいます。
でも、そのレビューが、「レビュー屋」という人が書いてる場合もあります。
「レビュー屋」は、Facebookにグループがあるそうです。
商品などは、使ってなく、レビューを書いて、お金をもらってるとか。

Gigazine
Amazonで偽レビューを投稿してお金を稼ぐ「レビュー屋」はFacebookにグループを作っている
https://gigazine.net/news/20181022-fake-review-factories/

Amazonの不正レビューを判定するだけではなく「なぜ不正レビューと判定されたのか」も詳しく教えてくれるネットサービス「ReviewMeta」
https://gigazine.net/news/20190716-reviewmeta-amazon-review-checker/

2019年10月
Twitter
NHK「クローズアップ現代+」公式

追跡!ネット通販 Amazon やらせレビュー
テレビで放送されていましたが、1日にレビューを200以上投稿。

また、レビューの投稿は自動翻訳機械を使い、スマートフォンなどで自動で投稿
そして、品を出品者してる会社は、中国で住所は偽物で、そこには会社は無い状態。

2019年10月
ネット通販(Amazon)で、消費者が商品購入のよりどころにしている「レビュー」が不正に操作されている。
“やらせレビュー”のリアル
NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/special/net-koukoku/article/article_10.html

2019年10月
海外のサイトで、1200人分のカード情報を入手。
他人のカードで商品購入し、フリマで転売。1000万円を得ていた。
不正販売サイトでカード情報入手商品購入 少年ら逮捕

 


 

もっと 世界一やさしい Amazonせどりの教科書 1年生 単行本 – 2019/10/18

 


 

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? アマゾンに勝つ! 日本企業のすごいマーケティング (光文社新書) 新書 – 2019/8/20

 


 

盗まれた個人情報(携帯の電話番号など)見知らぬ相手から電話がかかってくる場合もあります。

個人情報が、何らかの操作で盗まれています。
盗まれた個人情報(携帯の電話番号など)。
その個人情報から
見知らぬ相手から電話がかかってくる場合もあります。

スマートフォンや携帯電話を使ってる場合は、電話番号だけで、メッセージをやりとりできる
SMS(ショートメール)などが送れて、誰でも利用ができます。

携帯電話っていったら、090の電話番号が一般的です。

今では、080などもあります。

070の電話番号は昔はPHSなどで使われてた。
他に、050の電話番号は、IP電話などでは有名な電話番号です。

携帯電話も、1人で複数持ちなどあり、電話番号が足りないと、新たに作られると思います。

090(携帯電話)
080(携帯電話)
070(PHS)
050(IP電話)
010(国際電話)

ショートメールは、かつてNTTドコモが提供していたmova(800MHz帯)およびシティフォンで送受信できるショートメッセージサービス(SMS)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ショートメール

スマートフォンなど使っていて
見知らぬ電話番号からのSMSショートメールのメッセージが来た。
メッセージの内容は
“重置 Instagram 密码请按”という文章と、URLが記載されている。

相手はURLをクリックさせたいだけです。

これはスパムメール
詐欺メールです。
フィッシング詐欺。

見知らぬ電話番号からスパムメール(詐欺のメール)が送られてきて、
URLが記載されている場合がありますが、
そのメールから来た、URLをクリックするのでなく、
もし確認したいなら、
自分で、登録してるサービス(Twitter、Facebook、LINE、Instagram、Amazon、ほか)などを予めブックマークなどして、
そのブックマークから、サイトにアクセスした方がいいです。

実際にSMSで送られてくるURLは、偽装されてるURLなので。

050や070で始まる電話番号など、相手はSMS送信専用で自動でメールしてきます。

危険!怪しいSMS(ショートメール)の正体についてまとめました
https://matome.naver.jp/odai/2156631448126450501

第96回 「070携帯電話番号」の話
IPよもやま話
https://www.hitachi-systems-ns.co.jp/column/96.html

 


 

2019年12月
niftyニュース
アマゾン「日本からのレビュー」のフィルタ機能を実装か 一部業者の「やらせ」に対抗?
https://www.j-cast.com/2019/12/17375348.html

Amazon.co.jp(Amazon)のマーケットプレイスを契約すれば、
誰でも、Amazon内で、品を販売や出品ができます。
中には詐欺などもいます。

Amazonマーケットプレイスで、出品してる詐欺の業者は、
アカウント名を変えては次から次へと出品しています。

やらせレビューや詐欺業者などを確認できるサクラチャッカー

サクラチャッカー
https://sakura-checker.jp

使い方は簡単で、出品者の一覧などで出品してる品のURLをコピーして、

サクラチャッカーのサイトにURLをペーストするだけ

試しに、サクラチャッカーで分析したら、
サクラの業者に注意と出ました。


サクラチェッカー

Amazonで評価で、全て良いとなってる出品の業者。
Amazonマーケットプレイスで安価な価格で品を販売し、
個人情報を収集をしてる思われます。

Amazonで買う時に、この業者から品を買って大丈夫か?。
買う前に、サクラチャッカーを使うといいです。
サクラチェッカー
https://sakura-checker.jp

自分は、昔に、Amazonのマーケットプレイスで出品してる業者から騙されたので。

マーケットプレイスで販売してる出品者は注意が必要です。
出品者の名前も偽名です。
盗めれた個人情報などは、中国では普通に販売されてるみたいです。

 


 

Amazon Business

個人でも、Yahoo!ショッピングで出品ができます。
Yahoo!プレミアム会員お買い物して、5%のポイントが付く
ヤフオクやYahoo!ショッピングで出品ができます。

はじめてのネットショップ開業
楽天市場
楽天市場への出店・開業案内

 


 

「アマゾン 注意喚起」のYahoo!検索(リアルタイム) – Twitter
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search/アマゾン%20注意喚起/

2019年10月、Twiiterで話題になっていますが、
Amazonで品を買い物したら、一緒に入っていた怪しげな紙。
Amazonで買い物したらダンボールにこれ入ってたけど調べたらやっぱり詐欺だったわ。怖すぎ

2019年10月
まとめまとめ
【注意喚起】Amazonで買い物をすると段ボールに怪しげな紙 QRを読み取ると個人情報流出の恐れ
https://matomame.jp/user/yonepo665/c5153ed5a5922e65b578

 


 

ネットショップの開業・構築なら集客に強いMakeShopで!

MakeShopは流通額No.1
「売れる」ネットショップ構築・運営サービス。
充実したサポート対応
15日間の無料体験あり

 


 

カラーミーショップ
オンラインショップ作成サービス【どんなに売れても手数料0円】
販売商品数は毎月約200万件以上!
日本で一番選ばれているネットショップ作成サービス

 


 

Amazonからのメールで、件名に「あなたのアカウントは停止されました」詐欺メールです。

Amazon.co.jp(Amazon)を利用してて、
Amazonからのメールで、
件名に「あなたのアカウントは停止されました」などのメールが来ことがある人は多いと思います。

詐欺とわかればいいですが、人によっては信じてしまう。人もいます。

詐欺メールなので、メール内のURLなどはクリックしない方がいいです。

メールアドレスは、Amazonになってますが、
Amazonに、偽装し、なりすましたメールアドレスです。


Amazon詐欺

Amazonから「あなたのアカウントは停止されました」メールが届いた!詐欺メールの見分け方と対策方法を徹底解説
https://snsdays.com/amazon/fishing-mail-taisaku-how-to/

Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

 


 
Amazonを利用してて、
詐欺やフィッシングなど多いから。

Amazonの2段階認証を有効にしてる人も多いと思います。

Amazonには本名、住所、クレジットカード番号など個人情報が登録して利用してます。

Amazonの2段階認証を有効にすれば
個人情報流出の対策や不正アクセスや不正利用など防げます。

昔に、Amazonの会員登録をしてて、知らぬ間に、そのアカウント名で詐欺などに使われていたニュースなどもありました。

個人情報の漏れとかも嫌だし。

Amazon 2段階認証を有効にする
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202073820





Amazon.co.jpの2段階認証について

Amazon.co.jp(Amazon)を利用してて、
2段階認証をするには、
Amazon.co.jpのサイトから、設定をして、2段階認証が有効になります。

ただ、2段階認証をしたことによって、とても面倒なこととかもあります。

Amazon.co.jp(Amazon)などよく利用しますが、
たまに、買った品が不良品などある場合、お問い合わせなどしたい時。
購入した品についての問い合わせ。
返品などしたい。

Amazonのカスタマーセンターに電話をして、電話で問い合わせする時など
2段階認証を有効にしてると、Amazon側、また自分側で、うまく認証されない場合などあります。

自分は、昔から、Amazonに問い合わせなどするときなど、
電話で問い合わせしてました。
電話だと、話せばいいので。

今では、電話の他に、メールやチャットでも、Amazonに、お問い合わせなどできます。

メールの場合だと、文章など打つのが面倒な場合もあります。

また、メールだと、すぐ返信が来ない場合もあります。

 


 

Amazonに問い合わせする時、
Amazonのカスタマーセンターに電話をする。
ガイダンスが流れ
Amazonの人が電話に出ます。

諸事情などを説明し、
2段階認証を有効にしてる場合には、
本人の確認のため
Amazon側から、セキュリティコードが送信されます。

その送信されたコードなどを、
Amazonの人に電話で言って、本人の確認がとれたら、
Amazon側で、その先に進めます。

自分の場合、実際にあったのは、
auのスマートフォンを使ってて
2段階認証を有効
電話でAmazonの人から、
2段階認証にしてるので、セキュリティコードをシュートメールで送ります。と言われ、
セキュリティコードが送信される。

ん?届かいない。

しばらく待っても届かいない。

やりとりして、
Amazonの人から、もう1度、送ります。と言われ。送信されたけど、ショートメールが届かいない。

その時はセキュリティコードが届かなく、
電話を切ることがありました。

メールやチャットならできると思うけど。
昔はチャットとかなかった。

電話で問い合わせをしたかったので。

自分は、その後に、auの回線のスマートフォンを使っていたので、
auのカスタマーセンターに問い合わせをした。

いろいろ調べてくれて、

au側では、回線の不具合など無い。電波の状況など異常はない。
特に異常は無いと、au側から言われた。

Amazonのサーバーのエラー?
セキュリティのエラー?
回線のエラー??

 


 

Amazonに、お問い合わせする。って、
人それぞれ状況など違いますが、
1年間のうち、そんなには、多くは、問い合わせはしないとは思うけど。

久々に、Amazonのカスタマーセンターに電話をした。

お問い合わせの内容を電話で言いった。
Amazonの2段階認証を有効にしてるので、
本人の確認をします。と言われた。

Amazonからのセキュリティコードが携帯電話に送信される。
その届いた番号を、Amazonのカスタマーセンターの人に言う。

今までは、これで、電話で、カスタマーセンターでのサービスが受けれた。
が。

今回、自分に届いたセキュリティコードを、Amazonの人に言うと、
Amazonの人が、そのセキュリティコードを入力したみたいだけど。
Amazon側では、画面が表示されず、
本人の確認ができない。と言われた。

もう1度、セキュリティコードを送ります(送信します)。と言われ
自分のスマートフォンに届いた、セキュリティコードを、Amazonのカスタマーセンターの人に言う。

Amazonの人が、そのセキュリティコードを入力したみたいだけど。
さっきと同じで、Amazon側では、画面に全部表示されず、

本人の確認が取れない。

え?。

電話を切って、また、同じ内容を話す感じなのかな。と思う。

このまま、待ってても仕方がないので、仕方がなく電話を切ることに。

電話を切る前に、
Amazonのカスタマーセンターの人から
メールでの問い合わせや、チャットでのお問い合わせなども教えてくれました。
他に、
Amazonにログインして、
Amazonのサイトから、問い合わせをすれば、
自分宛てに電話をかけてくれるサービスの案内も知る。

結果、電話を切って、Amazonのサイトにログインして、その仕方で問い合わせした。

同じ内容を、もう1度、1から話すのは、とても面倒です。

最初から、この仕方を知っていれば、その仕方でした方がスムーズに利用が出来ます。

 


 

Amazonのカスタマーセンターから自分宛てに電話をかけてくれる仕方。

Amazonのカスタマーセンターから自分宛てに電話をかけてくれる仕方。

Amazonのサイトにアクセスしてログインしたら、

サイトの画面の下の方にある(スクロールして)、ヘルプをクリック


ヘルプ

カスタマーサービスに連絡をクリック


カスタマーサービスに連絡

 


 

Amazonなどのサイトの見栄えのデザインなどが、定期的に変わります。

画面の下の方に
電話でのサポートが必要ですか?Amazon.co.jpからお電話いたします。をクリック


電話でのサポート

すると、購入履歴など見れます。
ご本人確認


ご本人確認

問い合わせしたい商品などある場合は、
その商品にチェックを入れて、
選択してくださいのプルダウンメニューから選択


選択してください


お問い合わせ内容

おすすめのお問い合わせ内容で、
電話をクリックして、自分の電話などを入力します。
すると、Amazonから自動音声案内の電話がかかってきます。
ガイダンスが流れて、Amazonカスタマーセンターの人が出ます。

本人の確認をするので、Amazonに登録してる名前(ペンネームなど)を言います。
Amazon側で、本人確認が出来たら、サービスを受けれます。

カスタマーセンターの場所は、いろいろあるみたいです。

Amazonの2段階認証を有効にしてる場合は、この方がスムーズです。
混んでる場合などは、時間も表示されます。

他に、Eメール、チャットもあります。


電話

セキュリティの対策で
Amazonの2段階認証を有効にして使うのは便利ですが、

買った品の問い合わせや、返品などを電話でする時は、

何らかの不具合で、スムーズに応対ができない場合もあります。

その場合は、今の仕方で問い合わせした方が確実です。





LINEで送る
Pocket

おすすめ